高血圧とその種類について学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

高血圧とは

日本人は血圧が高い人が多い

今の日本では、高血圧の人が多くなっています。高血圧はその名の通り、血圧が高いことで すよね。元々、日本人は血圧が高い人が多いのですが、血圧が高いと言われても、どれと比較して 高いのでしょうか。まず、血圧には、正常な範囲というものが定義されています。

その正常な範囲をオーバーすると高血圧となり、正常な範囲より下の場合は低血圧となります。 正常な範囲は、身体に危険はないということです。血圧というのは、高すぎず、低す ぎずであれば、体に悪い影響はありませんが、正常な範囲でない状態が続くなら、病院へ行き、医師 の診察を受けましょう。ただ、血圧は毎日変わりますし、一日の中でも変動があります。

最悪の状態

運動後や緊張した後は、誰もが多少は高血圧になります。これは自然のことで異 常ではありません。運動や緊張したりすることがないのに、ずっと血圧が高い状態が続くことを高血 圧と呼びます。血圧は元々、血液が動脈の中を流れる時に、血管壁を押す圧力をさします。

この圧力が常時に高い状態ということは、血管が傷ついたり、破れたりしてしまう 危険があります。最悪の状態になってしまうと、治療も困難になります。もし 、これを読んで、高血圧だと思ったら、すぐに病院へ行って診断 を受けましょう。

そして、なぜ高血圧なのかをしっかり診断してもらい、必要な処置を受けましょう。

収縮期血圧と拡張期血圧

ポイント

どんな方でも生きていれば数回は血圧を測る機会があると思います。 たとえ高血圧や低血圧ではなくてもです。 血圧を測った時、二つの数値を見たり言われたりしたと思います。 数値は高いものと低いものがあり、それぞれを「拡張期血圧」と「収縮期血圧」と呼びます。

この数値が何を指しているかといいますと、心臓の収縮期と拡張期の血圧を表しています。 心臓は血液を全身へ送り出します。 ポンプのように全身へ血液を送り出した時、元に戻る時の数値が血圧となります。 普通、高血圧の方の場合、収縮期血圧と拡張期血圧の両方が高くなっています。 低血圧の方はその逆となり、収縮期血圧と拡張期血圧の両方とも低くなっています。 血圧の値が正常かどうかの判断は、この両方の値を見て行います。

血圧というものは常に上下
家庭で血圧測定

一般的な正常とされる値は、収縮期血圧が130mmHg未満、拡張期血圧で85mmHg未満と言われています。 ですが仮に、この数値を1mmHgでも上回った場合、すぐに高血圧と判断され危うい状態となるわけではありません。 血圧というものは常に上下しています。 それに人によっては正常値が通常と違う場合があり、数字に振りまわされることはありません。

とはいいましても、参考にはなります。 この数値を基準にしておけば、概ね間違いないでしょう。 健康診断などで、この数値を上回っていたり下回っていたりするのであれば注意してください。 早期に病院へ行った方が良いでしょう。高すぎる場合に気にする人はたくさんいますが、低すぎる場合もやはり問題ですので、 注意しましょう。

高血圧の合併症に対する知識