サプリメントと薬で血圧も変わることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

サプリメントとドリンクで高血圧の改善

自分にあうサプリ

高血圧を治すのに、食事療法や運動をしたり、規則正しい生活したとします。 ただ、それですぐ血圧が低くなるかというと、そうではありません。 この方法だと、最低でも3か月程度は必要なのです。 早く結果をだしたいなら、やはり薬になります。 ですが、薬は飲みたくない人も多いですよね。 そこで思い浮かぶのが、サプリメントです。 血圧を低下させるドリンクが有名になったので知っている方も多いのではないでしょうか。 ただ、サプリメントやドリンクも医師が処方してくれる薬とは違い作用は穏やかです。

サプリメントや血圧低下作用が含まれているドリンクを毎日飲み続けたとして、 どのくらいで効果が現れるかというと、3か月程度かかります。 もしサプリなどで、少しでも高血圧が改善されたなら、さらに2~3か月続けて 様子を観察しましょう。 仮に1年続けても効果がないのなら、そのサプリメントやドリンクがあなたには合っていないということです。 サプリメントも薬と同じように、成分が身体に合わないということがあります。 ただ、落胆せずに他のものを試しましょう。 自分にあうサプリが見つかるはずですし、医師に相談してみてもよいです。 サプリのことを医者に相談する、というイメージはしにくいかもしれませんが、医者もサプリに 詳しく役立つ情報を教えてくれることが多くあります。

複数の働きかけをしてくれる

一般的に高血圧を改善するサプリメントとして挙げられるのが、カリウム・マグネシウム・酢・ギャバ・ルチン・リコピン・あした葉・テアニン・セレンなどです。 挙げただけでも結構な種類になりますが、どのサプリメントも血圧に対して違った働きかけをしています。 血圧の上昇を抑制させるサプリメントや、血管を拡張させるためのサプリメント、 他に血液をサラサラにしてくれる効果のあるサプリメントというように、大まかに分けて3種類の効果があります。

中にはひとつのサプリメントで複数の働きかけをしてくれるという便利なものもあります。 ですが、勘違いしやすいのが、サプリメントを摂取しているから運動しなくてもいいし、塩分を摂取しても大丈夫と思ってしまうことです。 日々の食事を補うためのものがサプリメントであるということを、しっかりと頭にいれておいてください。 サプリメントはメイン食材ではないのです。

降圧剤と漢方薬

ポイント

高血圧を改善する、つまり血圧を下げるために一番近道なのが、医師から処方してもらった降圧剤を飲むことです けれど、もし一度、降圧剤に手を出したが最後、なかなか薬を止めることが出来なくなってしまうことが多くなります。 薬を飲むと血圧が下がり調子がよくなります。 すると、もう大丈夫だと飲むのを止めてしまうのです。 薬を飲むのを止めてしまった途端、また血圧が上がってしまい、再び薬に頼ってしまうことになります。

つまり、薬を飲むことによって高血圧が改善したということにならないのです。 高血圧にならないように一時的に薬が抑えてくれているだけなのです。 薬を飲んでいる間、血圧が安定して調子がよくなってきたからといって、完治したと勘違いしてはいけないのです。

継続的に行っていく
多くの薬

いずれ薬を止めたいと願っているのならば、これまでお話してきた”高血圧の改善の方法”などを継続的に行っていく必要があります。 それは、本気でやらないと意味がないでしょう。 薬によって下げた血圧だと、改善という意味では縁遠くなっています。 中には、降圧剤を嫌って漢方薬を飲んでいる人もいます。 降圧剤などを含めた西洋の薬に比べると、漢方薬の効きめに速攻性はありません。 ですが、ゆっくりとしたペースで高血圧を改善してくれます。 時間はかかりますが、「薬」という字があるくらいですから、しっかりとした効きめです。

注意して欲しいのが、時間がかかる以上、重度の方には向かないということです。 重度の高血圧の場合、いつ何時危険が襲いかかるかわかりません。 余談を許さない状況である以上、早急に血圧を下げなければいけなのです。 重度の高血圧でないのでしたらえ、漢方を取り扱っている薬局へ行って薬剤師さんに相談してみると良いでしょう。 あなたに合った漢方薬を教えてくれると思いますよ。漢方であれば、副作用の心配がありませんので、薬 と併用して使用する事もできるのです。最近は漢方薬の専門の店もあります。そのようなところは病院よりも漢方に 詳しいので、そのような店を探されてもよいしょう。

高血圧の合併症に対する知識