早朝高血圧と肺高血圧についても知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

早朝高血圧とは

早朝高血圧は2種類

前回、最近増えてきてる「白衣高血圧」についてお話しました。 今回は「早朝高血圧」についてご紹介します。 「早朝高血圧」は、あまり耳なれない言葉ですよね。 一般的に血圧は、夜眠っている時には低く、朝起きると高くなります。 この「早朝高血圧」は、朝起きた時に高くなる血圧が、通常以上の値となるものを指します。 数値でみるとわかりやすいのですが、 朝と夜の収縮期血圧を足して割った値が135以上あり、尚かつ、その差が15~20以上なら、早朝高血圧と判断されます。

この早朝高血圧は2種類あり、それぞれを「ディッパー型」と「ノンディッパー型」と呼びます。 朝の目覚めと同時に血圧値が跳ねあがるタイプが「ディッパー型」で、 「ノンディッパー型」は、夜になっても血圧が下がることなく、徐々に上昇してゆくタイプです。

モーニングサージ

年齢を重ねるとともに増加してゆくのがノンディッパー型です。 夜になっても血圧が下がることのないノンディッパー型は、実はとても危険な高血圧と言えます。 ノンディッパー型の高血圧になってしまうと、脳血管疾患や虚血性心疾患を引き起こす可能性が高くなります。 特に糖尿病、心不全などの病気を既に持っている人は、このタイプの高血圧になる可能性が高いので要注意です。

「睡眠時無呼吸症候群」というのを、近年よく聞くことが多くなったと思います。 この「睡眠時無呼吸症候群」の人も、ノンディッパー型の高血圧になりやすいのです。 他にも、早朝の血圧値と夜間の血圧値の差が特に大きい状態を「モーニングサージ」と呼びます。 モーニングサージがある人は、脳卒中発症の危険性が通常よりも約3倍という高いと数値が出ています。

肺高血圧とは

ポイント

前回、白衣高血圧や早朝高血圧についてお話ししました。 今回も一般的な高血圧とは少し違ったものについてお話しします。 それは「肺高血圧」と呼ばれるものです。 肺高血圧がどんな高血圧かというと、循環器における重い病態の一種です。 これだけだと少しわかりにくいのです、もう少し詳しくお話します。

肺動脈を通る血圧というのは、全身の血圧に比べてみると結構低い値となっています。 全身の血圧の正常値が約120/80mmHgなのですが、肺動脈の血圧はわずか25/15mmHgしかないのです。 危険なように感じるかもしれませんが、これが肺動脈の正常な血圧値となっています。 肺高血圧とは、この肺動脈の血圧が通常以上に上昇してしまうことを指します。

肺動脈の損傷を招く恐れがある
喫煙も危険

肺だけの高血圧だからといって、侮ってはなりません。 高くなった血圧というのは、いずれ肺動脈の損傷を招く恐れがあるのです。 毛細血管の壁は徐々に厚くなります。 肺では、血液中の酸素と二酸化炭素が交換されていますが、それが正常に行われなくなります。 それは血液中の酸素濃度の低下という、異常を引き起こしてしまうのです。 更に、酸素濃度の低下は肺動脈の狭窄を招きます。 このような異常によって、肺を循環している血管の血圧が徐々に上昇してゆきます。 肺高血圧症とは、大変危険な病なのです。

そして、肺高血圧症は、心臓の右心室が肺動脈を通して血液を肺に送り出す作業が困難になってしまいます。 そうなると、いずれは右心室の肥厚と拡張となり、肺性心と呼ばれている心不全に繋がってゆきます。 高血圧というものは、健康にとって害ばかりです。 ですから、しばらく正常値を超える血圧値が続くようでしたら、必ず病院へ行って診察することをお勧めします。 ただ、血圧を測るときの注意点として、必ず、一日の同じ時間に数週間にわたって測るようにしましょう。 病院で入院している時のことを考えるとわかりますが、血圧は同じ時間に計ってそれを比べるのがもっとも わかりやすいのです。

高血圧の合併症に対する知識