高血圧の定義と合併症について理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

高血圧の定義と合併症

血圧の定義

血圧には正常な範囲の数値がありますが、その数値を越えた時は高血圧、その数 値に満たない場合は低血圧となります。ただ血圧の定義はもっと細かくなっています。 今回はそれを話して行きたいと思います。

はじめに、正常血圧の中で脳卒中などになるリスクが極めて少ないとされている 「至適血圧」があります。この「至適 血圧」の定義は収縮期血圧が120mmHg以下で、拡張期血圧が80mmHg以下である場合とされて います。知っての通り、血圧というものは低すぎてもいけないものです。脳卒中などの危険性を言えば、 この数値を下回っていれば極めて少ないとされています。

数値を意識して計ること

次に「正常血圧」の値です。 こちらは収縮期血圧が130mmHg以下であり、拡張期血圧が85mmHg以下とされています。 この値を超えてしまうと高血圧と呼ばれるものに断定されていきます。 更に高血圧の中においても段階が分けられています。

正常値を少し超えた数値の場合は「正常高値血圧」と呼ばれます。数値は収縮期血圧が130 ~139mmHgであり、拡張期血圧が85~89mmHgと設定されてます。「正常高値血圧」を超 えると今度は「軽症高血圧」となります。こちらの数値は収縮期血圧が140~159mmHg であり、拡張期血圧90~99mmHgと設定されています。さらに「軽症高血圧」を超え ますと「中等症高血圧」となります。数値は収縮期血圧が160~179mmHg、拡張期血 圧100~109mmHgと設定されています。そして、「中等症高血圧」を超えるものは すべて「重症高血圧」とされています。数値は収縮期血圧が180mmHg以上であ り、拡張期血圧110mmHg以上と設定されています。あなたの血圧はどの値で、ど こに入るでしょうか。是非、数値を意識して計ってみてください。 そして、もし重症高血圧に近い、または重症高血圧に入っているのであれば、 すぐに病院で治療を開始しましょう。

合併症

ポイント

世間では高血圧は危険だと定義されています。 危険だと色んなところで言われてますが、どのように危険なのかをきちんと知ってる人はどのくらいいるのでしょうか。 高血圧というものは、血管を通る血液の圧力が高い状態を指しています。 この圧力が高い状態が続くと、色々な合併症を招いてきます。

実は高血圧よりもこの合併症が怖いのです。 その理由はこの合併症というものは簡単に完治できるような病気ではない場合が多いからです。 基本的に高血圧というものは自覚症状がない場合がほとんどです。 身体が痛いとか、皮膚に変色や発疹などの症状が現れるというようなことがないのです。 症状があれば人は病院へ行きますがなれけば放置するでしょう。 結果、高血圧は見過ごされることが多くなりがちなのです。

病院へ行かないというケース
考える女性

健康診断や何らかの診察などで血圧を測った時、数値が高いと言われたとします。 けれど自覚症状が何もないからと、放置したり恐れることをせずに安心している方がいます。 そして病院へ行かないというケースが多々あります。 その場合、ある日突然に脳の血管が切れたりし、ひどい頭痛に襲われるのです。 血管が切れてしまっては後の祭りです。 そうなる前に、早めに病院へ行くことをお勧めします。

高血圧の影響があるのは脳だけではありません。 圧力のかかった血液が常に血管を流れている状態なのですから、当然、血管になんらかのトラブルが生じる場合があります。 更にその血液を送り出す心臓にも大きな影響を与えます。 その悪影響は、心臓疾患を招くのです。 そして腎臓にも良くない影響を与えます。 それは腎疾患を引き起こしてしまいます。 あまり関係なさそうですが、眼球にも想像以上の悪影響を与えます。 高血圧のせいで、視力を失ってしまうことも最悪ケース考えられるのです。 知られていない合併症ではありますが、それくらい大事に至るケースもあるのです。

高血圧の合併症に対する知識