高血圧が引き起こす脳疾患などについて知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

高血圧による脳疾患

根底にあるのは高血圧

タイトルを「高血圧による脳疾患」としましたが、これは高血圧が直接に 脳疾患を引き起こす訳ではないからです。 高血圧で動脈硬化が誘発され、それによって脳疾患等の色々な病気と結びつきます。 とはいっても、根底にあるのは高血圧です。 そこを改善しないと問題は解決されません。 ですのでここでは脳疾患についてお話します。 脳は心臓と同じくらい、人間にとって大切な部位です。 その部位に危険が高まるので、高血圧を軽視してはいけません。

高血圧が引き起こす脳疾患の多くは脳卒中です。 脳出血や脳梗塞、くも膜下出血なども脳卒中に含まれます。 その中でも高血圧が大きな原因であることが多いのが脳出血と脳梗塞です。 脳の中の血管が破れることによって血液が脳の内部に流れてしまう症状を脳出血といいます。 一方、脳梗塞は脳の内部の血管が詰まることで、先に血液が流れなくなってしまう症状です。

高齢であればあるほどリハビリも難しくなる

脳出血と脳梗塞の両方とも、命を落とす危険性のある病気と言えます。 仮に助かった場合でも、身体の半分や一部に麻痺が残るなどといった後遺症が残る場合があります。 他にも言葉が話せなくなってしまう、認知症を発症してしまうなどの症状もあります。 想像以上の辛い思いをすることになるでしょう。

もしそれらの病気を発症した場合、高齢であればあるほどリハビリも難しくなります。 そうなると、寝たきりになってしまう可能性が高くなります。 年齢が若いのならば、努力次第では元のように元気になれる可能性もあると思います。 けれど、たとえ若くても大変なリハビリを経験することになるでしょう。 常にこういった症状が後ろに控えているのが高血圧です。 この機会に、しっかりと覚えていただきたいと願います。治るのであれば頑張れますよね。

眼球障害

ポイント

高血圧を放置すると、眼にも障害が起きてくることを知りましょう。 このことを知っている方は少ないと思います。 しかし現実は、眼にも障害がでてくるのです。 眼は、直接に命に係わる部分ではないです。また、何かの障害 で失明すること考えると、それは命をなくすのと同じくらいつらいのではないでしょうか?

もちろん、失明していても、幸せな生活をしている人はたく さんいます。ただ、そこまでの道のりは厳しかったはずです。 近視でも老眼でも、見える状態で生まれたのですから、高血圧が原因で 失明でもしたら、大変なことですね。 高血圧が原因の眼の障害には、様々ですが、、高血圧性網膜症だと か、視神経症、網膜動脈・網膜静脈の閉塞症などが例に挙げられます

眼の網膜を見ると高血圧かどうかがわかる
目

眼の網膜を見ると高血圧かどうかがわかると言いますが、影響は最初に網膜の血管にでます。 動脈が細くなる「狭細化」と呼ばれる現象です。 一本の動脈に太い部分と細い部分の二つができてしまう、口径不同という状態もあります。 これは、動脈硬化になる前の段階でよく見られる症状です。

ただ、これらの現象だけなら、高血圧による一時的なもので、血圧をうまく調整すれば元に戻ります。 眼にも多くの血管が通っているのですから、上記でお話したとおり、高血圧の影響は絶対に でてくるのです。そして高血圧の影響から症状を発症した時はかなり進行してしまっているケースが多いのです。

高血圧の合併症に対する知識