高血圧の症状と原因について基礎知識をもっておきましょう

サイトマップ

トップバナー

症状

サイレントキラー

高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれます。 自覚症状がないまま進行し、気がづいた時には色んな病気になってしまっていて、 手遅れになっているといったことも多いのです。

何らかの症状があれば、誰でも病院に行きますよね。 発熱や痛みがあればわかりやすいですが、それらがないので気付きにくい恐ろしい病気なのです。 健康診断や何らかの診察時に血圧が高いことがわかっての、症状がないと大丈夫と思ってしまう方がほとんどです。 ですが、それはとても危険ですので、すぐに血圧を正常値に戻さないと、取り返しのつかない症状や病気に発展するのです。

自覚症状には結びつきにくい

高血圧の状態が長く続くと、やはり少しずつ症状が出て来ます。 けれどそれば、自覚症状には結びつきにくい、ありがちな症状です。 疲労からきているとか、ストレスが原因だろうとか、加齢によるものだなどというように、他の原因にしてしまうのです。 頭をクリアにして、もう一度その症状を思い浮かべて下さい。 一般的な高血圧で現れてくる症状としましては、痛みとまではいかないけれど気になるくらい感じる頭の重さ・頭痛・軽い重い問わずの眩暈や耳鳴りがすること・動機や息切れが起こるということ・重度の肩こり・胸への痛みを感じることなどが挙げられます。

これらの症状に持続性があるとは限りません。 現れては消えるので、「疲れが取れたんだ」などと勘違いすることも多々です。 そんなわけで、これらの症状が高血圧が原因であるということに気づかないようです。 これらの症状が頻繁に出るようでしたら注意してください。 もう既にこのような症状が出ている方は、早急に医師に診てもらいましょう。

原因

ポイント

これまでは主に高血圧が原因となって引き起こされる色々な病気の話をしてきました。 その原点の高血圧というものの元、つまり原因はどのようなものがあるでしょうか。 物事を解決するため、つまり病気を防ぐためには原因がわからなければいけません。 今回はその原因について話して行くことにします。

最初に知っておいて欲しいのは、高血圧の原因というものは「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分けられているということです。 一次性高血圧は「本態性高血圧」とも呼ばれています。 特におかしい点がないのに血圧が高くなってしまい、それゆえに原因も判明しないという、結構手のかかるものです。 けれど、原因になっていると考えられる危険因子はきちんと解明されています。 危険因子を挙げていきますと、塩分の摂りすぎ・ストレス・運動不足・過労・肥満・加齢による血管の老化・さらには遺伝的要因によるものなどです。

二次性高血圧
腕を組む医師

もう一つの二次性高血圧は、ホルモン異常や腎臓病などのような高血圧となり得る原因となる病気をいいます。 原因となっている病気が治ると高血圧もなくなります。 ですから、原因が特定しにくい高血圧に比べれば比較的安心です。

一時性高血圧には遺伝的な要因というものがあります。 調べによると一時性高血圧の約40%は遺伝的要因となっており、あとの残りは生活習慣です。 自身の両親や祖父母などの血縁者に高血圧の人がいるかどうか、調べておいた方が良いでしょう。 いきなりは無理かもしれないので、身内が集まる機会などに聞いてみるというのも一つの方法です。 ですが、ご両親が高血圧だからといって子供達全員に遺伝するとは限りません。 高血圧の遺伝する確率は50%だそうです。二人に一人が遺伝で高血圧になるのですから、遺伝の場合は 血圧対策だけに焦点を当てて治療していく必要があります。合併症を起こさないように毎日血圧を 測って推移をつけておくことをお勧めします。毎日数分のチェックだけでも、合併症を防ぐことができるのです。 最初は大変ですが、クセにしてしまうと、何も考えず毎日繰り返すことができますよ。

高血圧の合併症に対する知識