ダイエットと生活習慣で改善できる高血圧について知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ダイエットと運動

日常の運動量

高血圧の原因で大きいのは肥満と運動不足です。 これらを解消するだけで高血圧が治るなら、やってみようと思いますよね。 もし両親や血縁者に高血圧の人がいなくて、日頃塩分を多く摂取していないのに高血圧 なら体型を見直してみましょう。

また、日常の運動量も考えてみましょう。 運動レベルは激しいものではなく、ウォーキングなど普段の生活レベルの運動かそれを少し上回る程度の ものでよいです。 では、1日の中で歩く時間はどのくらいでしょうか。 週に2~3回程度の外出で他は家にいる、動かないのにお菓子やジュースを飲ん でいたりしませんか。 仕事で通勤する人は毎日家の外にでますが、仕事がデスクワークだと座りっぱなしです。 会社と家の往復だけが唯一の歩く時間、運動になる時間になっていませんか。

運動は見た目ほどカロリーの消費量が多くない

もし肥満体型という場合、食事制限にてカロリーを減らすことと、適度な運動を並行して行うとよいでしょう。 以前、高血圧の原因のお話で触れましたが、肥満は動脈硬化を招きやすいので高血圧に繋がりやすいです。 それに、高血圧だけでなく、諸々の病気を誘発しやすくなります。 見た目が良い悪いといった話だけではありません。 肥満を自覚したのならば、今からでも摂取カロリーを減らしたり、適度な運動をするようにしましょう。

間食をする癖がついている人は、まずはその癖を止めることから初めてみてはいかがでしょうか。 運動は見た目ほどカロリーの消費量が多くないとされています。 それゆえに、ダイエットにならないという意見も見かけます。 けれど、だからといって運動をしなくて良いというものではありません。 鮮度の高い酸素を身体に取り入れることができますし、基礎代謝量を低下させてくれます。 運動にはカロリーを消費するという以外にも、あまり知られていない利点が隠されているのです。 ですから、肥満体型でないという方も、運動は是非するようにしましょう。

規則正しい生活

ポイント

前途にて、高血圧の改善のためにダイエットや運動をするとよいとお話しました。 肥満や運動不足の他にも、高血圧の原因となるものがあるともお話してきました。 喫煙や飲酒、ストレスなどがそれに当たります。 簡単に要約すれば、ストレスの少ない規則正しい生活をすれば、高血圧は防げるのです。 つまり、飲酒や喫煙は適度な量が望ましいということになります。

高血圧の危険性がどれほどのものか、今現在の状況を本当に把握できたのでしたら、 今すぐにでも喫煙や飲酒は止めたくなると思います。 だって、脳出血などの大きな病気を引き起こしてしまったら、その後は半身麻痺や寝たきりといった生活が待ってる可能性もあるのです。 それを考えたら、煙草を止める苦しみなんて比べ物にならないと思います。 「まさか、自分だけは大丈夫」というのはありません。 いざという時に後悔するのは自分自身です。 今は禁煙外来というものがありまして、病院に禁煙を助けてもらえます。 試しに行ってみるとよいでしょう。

飲酒も血圧には大変影響を与えるもの
お酒

飲酒も血圧には大変影響を与えるものです。 あまり良いとは言えないものなので、適量で押さえていきましょう。 毎日飲んでいるというのでしたら、それを週に6日、5日、4日、と徐々に減らしましょう。 ストレスというものは、基本的に悪影響です。 溜めこむのは良くないので、自分なりの発散方法を見つけていきましょう。

趣味や運動など、高血圧にあまり影響しないものがよいですね。 また、睡眠不足も血圧には良いといえません。 夜更かしせずに、毎日の睡眠はしっかりとるようにしていきましょう。 暴飲暴食を止め間食も控える、そして適度な運動を心がける。 つまりは、規則正しい生活をすることで自然と健康な身体が作られてゆくのです。 人間は生き物です。現代社会では難しくなってきてはいますが、人間としての正しい生活が一番の薬だったりするのです。

高血圧の合併症に対する知識